セレナプラグ交換の巻

買った時は、新しかった日産セレナ。
いつの間にか車検2回受けたら10万Km超えてしまいましたので、プラグ交換します。
エアクリーナエレメントなどは1度も交換していません。
ではプラグはなぜ交換するか? 自分の中で、プラグはダメになったらゴマカシが効かないからPM(プリメンテナンス)です。 以前別なクルマのプラグ交換をしたら、10万Kmで非常にやばかったし。
そしてエレメントはチョイと交換出来ますが、プラグは腰を据えてやらないと面倒だからです。
部品はガスケットとプラグ。プラグは指定型番を通販で、ガスケットは部販店で。
画像

ヱンヂンルーム。カバーはすぐ取れますが、ここからが面倒。
画像
 
カバーの下はバナナのようないかにも低速重視のマニホールド。 これを取らないことにはプラグが交換出来ないのです (実は#1シリンダだけは代表で点検のためでしょう、この状態でプラグを外すことが出来ます)
画像

見えないところにボルトが有ったりして、予備知識ないと無理ですね(調べておいてヨカッタ)、、。
さて予備知識にない想定外の物が出てきてオヨヨ、、っと焦りましたが、やっとマニホルドがバレました。
画像

どうも想定外の部品は給気の2つのバルブのうち、中低速時に片方を閉じてスワールを起こすバタフライ弁の開閉部の駆動部のようです。上の画像ではバタフライ弁が見えます。
ここをギヤ結合が有ると予想せずばらしちゃった!!(マニホールドが取れないのでやむなく)
画像

中~低速時に全閉であれば良いと思うので、また配線数からもON,OFF制御だけのようなので
全閉条件でギヤの位相を合わせて組付けました(間違っているようでしたらご指導くださいませ)。
画像


さて、やっとプラグ交換完了~!!
画像
まあ、交換には良いタイミングだったと言うか、、、、。 イリジウムってスゴイねえ、、、。
ボルトも余らず? 無事に組みあがりました。 特に再学習させなくてもヱンヂンは調子良さそうです。
これで安心して冬を迎えられます。

事前調査は大事です。 面倒なのでもう2度とヤりません(^_^;)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

toto
2015年11月08日 22:11
わー めんど~
あっしも14万kmで交換しましたが、イリジウム電極無くても走るんです
voxyはなが~い エクステンションが必要で、プラグ落とすとエンジンヘッドカバーを外す事になります。 昔はホールカバーが有ったのにね~
kata
2015年11月09日 07:14
おはようございます。
電極無くても走る? まだまだ無交換でも大丈夫だったかな!?
セレナもボックスレンチのエクステンションに加え14mmロングボックスが必要でした。
プラグ、落ちないようボックスに細工(プラグ保持用のゴムが無かったので)したりしてやりました。