ハンドルマウントシステムを付けよう!の巻 その3

久しぶりなような気がする、バイクいじり。
車検はとにかく、ヱンヂンオイル交換もエア点検(N2充填)も、R・バロンに乗り付けて任せっきりだもんな。
あー、なんてこった!?

閑話休題
できました これですよ。 きれいに研磨していただいて。
画像


これと、来ましたよRAMボールマウントのセット。 アマゾンポチで¥6、133 なり。
スマホが付く組み合わせ。
キャップボルトは首下長さが3種類ついてきましたがすべて長いのでカットして使用します。
画像

 これを組み合わせて、、っと。  をを、スプリングがついているメリットはすぐ感じます。
画像

早速 組み付け。 オリジナルはこの通り。 
画像

これを外して、スペシャルクランプに交換!
画像
うーむ、このままだと目立つな。 なんせオリジナルはブラック塗装ですから。
ベースになるボールを装着。
画像

その上につく部分をセット。 RAMマウントはブラック塗装なので、違和感なしっと。
画像

スマホ本体だけでなくケース(手帳型)と一緒の状態でもマウントできます。
結構、ホールド性は良さそうですが、う~ム、 ちょい視線移動が多いかなあ、しかも上向けると空が反射してスマホ見ずらいし。
画像
(画像で見るより直進時にライダーと正対はするのですがね、、この組み合わせは意外と角度の自由度が少ない)
もう少し改善余地ありそうだな?

でもこれで ハンドルの左右にスマホ、ドラレコ、レー探 等の取り付け取り外しが容易になります。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント