2017年7月北海道ツーリング

バイクでは8年ぶりになる北海道。 「人生は短い。あの本を読めば この本は読めない」って某文庫本に書いてあったが、まさにその通り、自分の時間をどう使うか、夏にやりたいことが多いそれがしには究極の選択で、
今年は約2週間の北海道ツーリングをチョイスしたのだ。

今回我がGL1800(愛称:ロプロス号)は 友人(HD1200スポスタ)と共に全3,100Km+をトラブルなく走破し、オドメーターは20,000Kmを達成したヽ(^o^)丿。 もちろん、旅のお供のサウンドはベンチャーズのウォーク ドント ラン(急がば回れ)!

自宅出発は7/12朝8時。 福島の友人宅に寄り、昼食のあと友人(ハーレースポーツスター1200)と2台で仙台港からフェリーで苫小牧へ上陸、後は 北海道初めての友人の”一周”希望でほぼ海沿いに一周し苫小牧に戻り仙台港へ。 自宅着7/24 16時。 ふー。


① 北海道の自然にバイクでコンニチハ。
 雄大で原生的な自然はいつまでも見ても飽きない!
しかし気温は14℃~32℃に激変、雨に晴れに風、、、自然は過酷でもあります。


お馴染み神威岬 の遠景(今回強風で徒歩不可 トホホ)
画像
 
                         美幌峠から屈斜路湖
画像

                   この瞬間はいつ来ても、何回見てもいいね。

  
       幻の魚、いとうに会う(北の大地の水族館)
画像
昔は2mもあるイトウが釣れた北海道。イトウに会えてヨカッタ。 
                                       
                ここには世界一の鳩時計も有り、ちょうど3時で出現するのを見ることが出来ました。
       <動画が重くてUPLOADできませんので看板の画像でご勘弁!>
画像


オロロンライン 長くて寝ちゃった?の図
画像
 もちジョークです

                       エサヌカ線:とにかく何も無い原野の一本道。
画像
 
借り物の画像ではなく、 普通にこんな画像が撮れます。日付が入ってないのはスマホのカメラ画像です。
 
                                        原野の花畑
画像


   釧路湿原でヤチボウズの自生を見る、、はずが
画像

 何か判りませんねー、資料館で画像撮ってくればヨカッタ😢、秋でないとダメか?

 知床五湖(一湖目)
画像

 ※クマが出るので、五湖巡りは専門ガイド付きでないと回れませんとのこと。
 
                            これから行くから待ってろよ、羅臼連山!!の図
                                 このあと、あの山を越えて太平洋側へ抜けます。
画像



② 様々な人に出会う。 
   個人の生きざまは それぞれ面白い(手作りの旅をしてるというジャンルの人間同士だが)。
   ツアー旅行では絶対出会えない、手作り旅人たち。良く言うとアクティブな人たちとの出会いは新鮮なのだ。
   
             行きのフェリーは雑魚寝部屋しか取れなかったのですが、話に花が咲いて合同写真。
               前列白組;リタイヤ組
               後列黒組;バリバリ現役組
        初対面の人ばかりですが何故かTシャツが白と黒で分かれているのが面白い(ぼかしてます)
画像

                  

              ライハ(ライダーハウス)その1 (ぼかしてます)
画像

   毎日夜9時になると、松山千春の歌を肩組んで歌うなんざあ、このライハくらいでしょう!

                                           ライハその2
 試験中? 明日は十勝サーキットで「ママチャリ7時間耐久レース」に参加する、京都や福井、秋田などから集まったチャリダーと一緒に宿泊。
画像
       
ライハに限らず、バイクライダーだと駐車場でも、すれ違いざまでも挨拶を交わし、すぐ会話が弾みます。
この気さくさは シャイなソレガシでも出来る、バイクツーリングの楽しみの一つです。 

ソレガシより歳上の”インディアン”というバイクともちろん大先輩のライダー。 
         キックでエンジン始動、颯爽と走り去って行きました! ソレガシも10年後あのようにしたいものだ?
画像

               熟年夫婦ライダー様のバイク(宿も一緒でした)ウェアもバイクもモノクロでキメてました。
画像
(追記) ご丁寧に写真をプリントして郵送して戴きました。 有難うございます、Yさん。

              (番外編)競走馬のドライバーさんがリタイヤ後改造したキャンピング・バス
              競争馬輸送用のバス(トラック?)を改造して一家8人で旅行中!!
画像

              1分でバーベキューテラス(バスの外)も出現します(実演してくれました)!!

                          テニスクラブ仲間夫妻を35年ぶりに訪問
            昔むかし 夢中で朝練、昼休み、ナイター、雨の中でも、雪を掻いてでもプレーしました。
            宴会屋だった彼は町議会の重鎮になっておりました! 
画像



③ さすが北海道。
   どこへ行っても展示館、資料館の類、また観光用や自然保護用の遊歩道などの施設、
   トイレも綺麗で、スタッフも十分。観光立国躍如を感じさせる。
   と共に、沖縄と並んで莫大な税金が投入されていることを感じずにはおられないというのが正直なところ。
  だから実直な納税者は北海道に行く権利があるのだ?
  一方でそうでもして「北海道」を維持しないと、どんどん荒廃してゆく感じがする。
  みんなで北海道へ行こう!?
                  
          キャンプ場もこの通り!すげー快適そうでしょ(長万部)
画像
  ここは唯一、アルコールの自販機が無かったのが不満点。

           さあ、これから朝飯の準備。 その前に友人と記念撮影
画像


       (ソレガシ、「箱もの」には興味が無いので、ナントカ資料館とかナントカ施設は余り撮影しません。)


④ どこに行っても(コンビニでもフェリーでも路上でも)会うのが自衛隊。
 
聞けば内地各所から演習で来ているらしい(フェリーはS寝台!と聞いた)。
大砲の実弾演習で、内地では火薬量を減らして撃つが、北海道では本来の火薬量で演習できる、等のメリットがあるらしい。
内地からの隊員が自衛隊車両と共に訪れるカニの直売所(地方発送承ります)などでは、上お得意様だそうです。  お帰りは店員総出で見送っていました。 あ、ソレガシ二人も 見送って戴きましたので公平です。
画像
(画像は上記文章とは異なります)
自衛隊服でコンビニ弁当やラーメン食べるって、違和感満載です。
ともあれ隊員の皆さん、しっかり訓練して災害や有事の際には、よろしくお願い致します。 

⑤ 観光バスから溢れ来る 中国語、韓国語。 相対的に他の言語圏の人が少ない。        
               美しい日本、感動は大きく、会話は小さく観光してください!  
画像

             (↑洞爺湖;上記観光バス客で超混雑のレストハウス、売店からから抜けだしてパチリ!)
 
⑥ 天候がー
   う~む、普段の行いはヨカッタはずだが天気は悪かった。
  
               残念な霧の知床峠。上りは暑く快晴でしたが?
画像

              襟裳岬 ♪何も無い、、 いえいえ、そんなことは。
画像


                                      当然 ”霧の摩周湖”も(笑)
画像

     画像は摩周湖をあきらめて100mくらい移動してからの道端で撮影です。 午前より午後がねらい目だそうですよ。
     もちろん、晴れて気持ち良く走る場面も有りましたが。


⑦ ツール
  今まで複数台のツーリングでは無線(アマチュア無線)をお互いに装備していたバイク同士だった。
  今回は友人がアマチュア無線免許を持っていない代わりに、ブルーツースインカム(免許不要)
  を提供してくれた。
  2台程度のツーリング、タンデムには手軽な会話ツールで、この快適さは旅を快適にしてくれた。

  ただ、常時双方向通話なので、マイクが入りっぱなしになるため、一日ベンチャーズや鼻歌を聞かされるのも辛かったことだろう( ´艸`)!
  

⑧ 北海道限定スイーツ(?)
  北海道と言えばウニ丼、イクラ丼、海鮮丼、エビ丼、カニ丼、、 いえいえ、ワタシ美食家ではありませんのでスイーツで??
                
                六花亭の「サクサクパイ」 
                製造後3時間で食感が落ちるので、まさに製造工場の店のみ限定!お、い、し、い~!!
画像

                   

                   ソフト(フツーのソフトだが山が高い!一口食べてもこの通り)
画像

                  ソフト(花豆入)
画像

               これでもか!(丹頂ソフト)
画像

あと、ポピュラーすぎる夕張メロンソフトとか有りますね
               他にもスイーツ(?甘いもの)はちょこちょこ食べまして。 絶対太ってると思う( ´艸`)。







(余談)
   道が良すぎて?うっかり覆面パトを抜いたが、模範的な抜き方だったので(笑)
   赤灯クルクル警告サインだけで 免許は汚さなかった(ヨカッター)!
   ちなみにそれがしは免許もバイクもGOLD(バイクはゴールドウィングというモデルです)なのだ!

   




    オマケ↓ワイン城にて 
    
画像
 どうしてもヒゲオヤジのゲームを思い出します。




今回はプラニングから何から手抜きしてしまった、天候も恵まれなかったが、それでも毎日バイクで気ままに走れたことは、ソレガシの幸せです( ´艸`)。 

同行の友人には、コースプラニングやツールでお世話になりました。 HDは高速が辛そうでしたが、お互い無事で全て良しです。
ソロも気楽でいいが、2~3台程度のツーリングも心強くて、また安全面でもいいものです。

そのほか、またじっくり見たいところ、天気のいい日にもう一度行きたいところ、行ってない所、、沢山。
次回行くときはまだ判らないが、やはり7月にするかな?
紅葉時期もいいな、ちょっと(結構)寒いが、、、。  


(了)