R100RS再スタート(6) いよいよ車検だ の巻

さあー、2本サスのR100 RS(限定500台バージョン)の車検前準備もいよいよフィナーレ。
今回はバッテリ交換、パニアケース再塗装の巻。
画像

バッテリ仕様(箱)です。 通販でR100RS用を注文しましたので、問題になる高さはクリヤー(ふー)。
画像

サクサクというか、ちょこっと苦労してバッテリを交換。 ふうー、寸法がギリギリなので慣れないと結構面倒な作業です。
画像

バンドを通じた知り合いの板金屋さんに頼んで再塗装したパニアケースを取り付けてみます。
倒したとき(私が倒したんじゃ無いですよ)付いていた傷を補修し、今日、受け取ってきましたよ。 削れたシボ模様も再現してもらいました。
画像

をーっと、ブーツの接着が終わってませんでしたので、、”ボンド大作戦”を行いました(画像無し)!
曲がっていたウインカーステーも、ばっちり、とっくに修理、塗装済み。
画像

同じく不動だったレアもの機械式時計も交換済み。
画像

この時代はR100RSはこの「機械式時計」が、キーOFFしても動き続けて結構電気食うため、乗らないとバッテリに充電せず、すぐ上がってしまいます→バッテリ寿命の低下:ユーザーがちゃんとメンテしないとダメ:いかにもドイツ式思考法です。 
なので、アース回路にサーキットプロテクタを追加して、乗らない時にバッテリ電源を完全OFF(時計OFF)するようにしています。これ、R100RS,RT系のジョーシキ裏技ですね。
駐車条件でバッテリケア用の電源が近くにないような保管条件では今でも有効な策だと思います。

さあー、これでいよいよ車検だぜい !!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント