HONDA,F1レッドブルレーシングと2019~2020ワークス契約!

マー、なるべくしてなったというか、お待たせしてくれましたね~。

マクラーレンの硬直した組織(ブー:エリックブーリエのせい?まさに大企業病?)との対応に追われて、本来の開発が出来なかった2015年からの3年間を経て、2018年はトロ・ロッソ(レッドブルのBチーム)とワークス契約して実力を見せ始めたHONDAエンジン。

そう、♪遅すぎたのはあなたのせいよ~?
 モトイ、遅かったのは、頭の固いマクラーレンの制約でHONDAのPU開発が進まなかったことをさておいて、HONDAのパワーが出ていない、とブーはうそぶいていたが、今年ルノーエンジンに変えたことで、明白になったことがある。マクラーレンのシャシーはA級だがHONDAがダメで遅いのだと言ってルノーエンジンに鞍替えしたが、その結果トップ争うどころかGPチャンピオンのアロンソをもってしてもどうしようもなく遅かったのだ(つまりマクラ―レンのシャシーがB級:ヘボだったってこと)。

かたやレッドブルのシャシーは非力なルノ-PUでもトップをもぎ取っている、超A級の優れもの。
ここに進境著しいHONDAのパワーユニットが載れば、、、、!?     期待しちゃいますよね~。

スカパーでしか放送していないF1グランプリですが、HONDAが活躍すれば、モータースポーツ人気もまた盛り上がるのではと期待しちゃいます。 
折りしも、今年はポルシェ不在とは言え、TOYOTAがル・マン初優勝(ソレガシ、一度はル・マンで24h過ごすのが夢であります)しました。
来年のモータースポーツ、楽しみです。

頑張れ、日本のモノ造り!!
















この記事へのコメント