福沢諭吉 むかしもいまも

《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)

福沢諭吉の言として残っているそうです。
むかしもいまもかわらないですね、、かの国。
あほなのは、それをいまだはっきり認識できないわが国かも。






この記事へのコメント